やってみた飲料水

 山はすっかり緑に映えて、ハイキングや山登りにはぴったりの季節です。

 鹿児島の活泉水の時にも当てはまるかもしれませんが都会の水道水はなんともカルキ臭いというか、硬いお水ですよね。飲みにくい印象があります。
 また、ただの水なのに飲み比べてみると、味に結構いろいろ差があるのも面白いものです。

 他にも阿蘇山や箱根など日本のものから、世界各地のミネラルウオーターが販売されているのでいろいろ試してみるのもいいですね。

 これから熱い季節がやってくると、飲料水の消費はますます増えていくと思います。
 日本の水道水は世界レベルで見ても綺麗で、とても希少価値の高いことだそうです。

 まず思いつくのはミネラルウオーターですが、
 世界遺産富士山のミネラルウオーターには身体に不可欠な亜鉛から健康改善に役立つバナジウムなど天然成分が含まれています。

 実際にオレンジとレモンの天然水を買ってみました。
 飲んだところ、ものすごいさっぱりしてごくごく飲めて、ほんのり優しいフルーツの味がしました。砂糖が沢山で甘ったるいジュースより、爽やかでとても気に入りました。

 日本の水道の水の美味しさは世界一でしょう。
 公園などでタダで飲むこともできます。飲食店でも普通の水道水は原則タダです。
 私の家では、ウオーターサーバーを使用しています。普段はこれで十分です。

 色々な種類のフレーバーウォーターがあり、ものすごい流行っているのだと気づきました。
 ミネラルウォーターやウォーターサーバーの中にも含まれているのかもしれませんが、お金を出して購入するというだけで何故かそれが安全なものに思えてしまうため、それらを利用する方が断然に多くなってしまうのです。

 もっと詳しい情報を知りたいと言う方は下記リンクに詳しい情報が載っております。
→ 鹿児島の活泉水の詳細ページはコチラ!!

広告